「かかりつけ医」とは

すべての人が住み慣れた地域で、安心して暮らすためには、一人ひとりの健康を守る医療・保健・福祉サービスの充実が不可欠です。こうした地域の医療において、中心的な役割を担っているのが「かかりつけ医」です。
「かかりつけ医」は、患者さんの一番身近にあって、日頃から健康相談や体調管理を相談したり、病気になったときは、初期の診断診療を行う、地域の診療所や医院の医師のことです。

「かかりつけ医」のメリット

  • 待ち時間が比較的短く、じっくり診察してくれる。
  • 家族の病状や病歴等を把握しているので、何かあったときに素早い対応ができる。
  • 気軽に健康管理等の相談ができる。
  • 入院や検査等が必要な場合は、適切な病院を紹介してくれる。

「かかりつけ医」を選ぶポイント

  • 職場や自宅の近くにあり、評判のいいところ。
  • 患者さんの話をしっかり聞いてくれて、気軽に相談しやすい。
  • 病気や治療などについて、わかりやすく説明してくれる。
  • 必要に応じて、適切な専門医または病院を紹介してくれる。

何科にかかったらよいかわからないとき

「かかりつけ医」に相談すれば、適切な診療科を指示してもらえます。

病院へは「かかりつけ医」の紹介で

風邪などの日常的な病気、生活習慣病、安定した慢性疾患等は、「かかりつけ医」に受診しましょう。

精密検査・入院・手術等が必要になったときは、「かかりつけ医」から病院を紹介して もらい受診しましょう。その時に診療情報提供書を持って受診すると、スムーズに受診 できます。